自分に当てはまる役割を見出す3つの地位

どうすれば、自分に合う仕事に就職することができるでしょう。スリークラスを通過することによって、いかなる仕事が合っているかがわかります。1つまぶたは今やっていることを書き出すということです。仕事に対するムシャクシャを引き出す形態、最初に自分の仕事上の立場を調べましょう。あっという間に終わらせる必要はないので、数日かけても、仕事の中身を論文としていくようにください。わかりやすく仕事の内容をまとめながら、自分が大事に思っていることや、とにかく力を入れて掛かることは何かを考えます。自分に合う仕事に気づくまで、ライフスタイルとしてこういう課題を続けていくといいでしょう。業種を論文に、どの仕事を熱心に行ってあり、どの仕事がうまくいかず、どの仕事がストレスが溜まるかなどを見ていきます。面白くとれる仕事が何かがわかったら、その仕事をメインに据えたところ、ほかのどういう仕事あればやりやすいかも考えていきます。あり得ないというようなことでも良いのです。長期的視点でこれを年間続けたいか、2層あるいは5層だったらどうかを自問自答ください。どういう等級に興味があり、何を続けていきたいと感じているかを書いて、頭の中を整理します。個人で働きたいのか、いかなる趨勢の会社で仕事をしたいかなども合わせて考えます。最後に、今まで書いたものをしげしげと読んでいきます。今現在の自分から、ペーパーに書き出した望む自分に通じる手順を考えていきます。これまでのクラスの中で、ある程度は直感ができているでしょう。自分にとって、性質のある仕事ができるように、努力をしてみて下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です